〜癒しの人生〜地球に生きる!

人を癒すとは,その魂を癒すという事で・・・
土地を癒すとは,その土地の魂を癒すという事で・・

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サインを受け取る! | main | 自分軸を持つ年 >>

こんにちは!

 

月曜日からバタバタしていましたが

何とか落ち着いてきた私です。(;'∀')

 

今日、久しぶりに

不思議な体験をしました。

 

未来に経験するであろう事を

体感する体験です。(;'∀')

 

ってこれ1度、ブログ書きあげたのに

突然フリーズして

今全部書きなおしています。

 

あまり話しちゃいけない事なのかしら??(◎_◎;)

 

こまめに下書き更新したのに

3度消えた・・・って事はやっぱり駄目っぽいので

内容ちょっと変えます。(T_T)

 

これは、自分にしか使えない事で

他人が未来に経験するであろう事は

私には体感できません。

 

それに自分では全くコントロールできなくって

突然やってきて、突然去っていくものです。

自分から見ようとしたり

感じようとしたりして

できるものではありません。(´・ω・`)

 

目に見えたり、イメージが浮かぶとか

そういうレベルじゃなくって

実際にもうすでに経験済みとして

身体が反応します。

 

今日のは、ほんの数分だったと思いますが

未来の自分が経験するであろう事を突然体感して。

もう実感として、経験済みなんです。

 

具体的にはプライベートな事なので

書けませんが、

例えば・・・仕事中に突然、湯上りの自分を

体験する感じです。(;'∀')

パソコンに向かって仕事している時

突然、お風呂上りで気持ちいい状態、

身体がホクホクしてリラックスした状態に

なる感覚です。

 

それも想像とかじゃなくって、

本当に身体がホクホクして、

温かくて、汗まで出てきて

リラックスした状態になるって感じです。

 

仕事中に「お風呂でリラックスしたいなぁ〜」って

考えて身体が火照るというより、

突然、お風呂上りの自分になっちゃうんです。

 

うまく説明ができてるかなぁ・・・(;'∀')

 

今日の私の体感も

以前に経験した事ではあるので

その経験をしたらこう身体が反応するってのは

お風呂と一緒で、わかっているんです。

 

その身体の反応が

突然やってきて。

あまりに驚いたので

 

「え?何今の?また例のあれ?未来の体感?

近いうちに経験するって事なの?」って

思わず上に聞いたんです。

 

上は「え?あぁ〜はいはい。

今現在のあなたはまだですが

未来のあなたは経験済みですので

それを一瞬体感したんじゃないんですか?」と

今更、何言ってるの。当たり前じゃん!('ω')的な

言い方されちゃいました。(*_*)

 

タイムラインってやつ・・・

本当にこんがらがる・・・

 

何でこれが起きるの?

 

って聞いたら

 

「今のあなたにとっての未来は

未来のあなたにとっては過去なので

その波動が合った時に

一瞬シンクロするって言えばわかりやすいですか?」

 

って・・・全然わかりやすくない・・・((+_+))

 

質問変えて

 

私「じゃぁ〜その未来が嫌って思ったら

変えられるの?変わるの?」

 

上「嫌なら、そうならないように動けばいいだけ。

嫌なんですか?」

 

私「嫌じゃない!全然、嫌じゃないよ。例えばの話だから!

じゃぁ。今体感した事が起きて欲しいって思ったら、

今のままいけばいいのね?」

 

上「・・・・起きて欲しいとか言うレベルじゃなく。

もうすでに起きた事なんですね。私達からすると。

体感済みだから、あなたの身体が覚えているんです。

やった事もないのに、身体は反応しないでしょ?

例えば。梅干しを知らない外国人に”うめぼし!”って言っても

唾が出ないけど、日本人は唾出るでしょ?

それと同じ。あなたは経験済みだから、身体が覚えてるわけです」

 

なるほど。「うめぼし」これわかりやすい。( ..)φメモメモ

 

私「今回体感した事は嫌じゃないけど、

例えば”嫌だ”って感じた場合は、

起きてしまった未来を変えられるの?」

 

上「今のあなたにとってはまだ起きてない事なので、

今のあなたが避ければいいんです。そこから離れる。

違う事の経験を選ぶ。そこから違う道を選べば、

起きてしまった未来には行かなくてもよくなりますよ」

 

私「起きてしまった未来の私はどうなる?」

 

上「それはそれでなくならないけど、

今のあなたはその道にはいかない選択をしただけ」

 

なんだか、話が複雑化してきたので辞めよう。(;'∀')

 

最後に一応ダメ押しで

「今日、体感した事は嫌じゃないんですよ。

今日、体感した事は素晴らしいと思ってるし

起きて欲しい事です。だから、このまま突き進んでいけば

いいんですよね?」

 

上「・・・(すごい間)・・・・そうです」

 

多分「何を説明しても、人間には難しいのかも」って

思ったのか、すっごい間があっての「そうです」

でした。(;'∀')

 

今日の「上」は、私がいつも「ケイちゃん」と呼んでいる

私の守護霊軍団の1人でした。笑

 

彼はざっくばらんな性格なので

話しやすいんです。

 

とりあず、今のまま、

前を向いて進んでいってみますね。(^_-)-☆

| 16:47 | 私の事 | - | - |
| 16:47 | - | - | - |